logo2_myclinic_orange
【急募】医療事務、看護師募集。詳細は院長まで。 東洋経済に掲載されました。
 *** 2017年7月01日現在 禁煙成功者 465名 *** 


しんクリニックTOP糖尿病について医師のご紹介院内・診療設備大田区西蒲田周辺地図医療関連リンク

 

 

糖尿病治療のおはなし

グルコーススパイクについて

CGM

CGM

◆メドトロニックiPro®2を導入しました

持続グルコースモニタリング(CGM)って何ですか?


CGMとは

お腹などの皮下組織に専用のセンサーを装着し、連続的に皮下のグルコース(ブドウ糖)濃度を記録する新しい測定方法です。

実際は、5分おきにグルコース濃度を測定するため、24時間で288回のデータが得られることになります。(約7日間、連続したモニタリングが可能です。)

今まで一般に用いられてきた1日に数回の自己血糖測定器による測定に比べ、測定回数が格段に多いことが特徴です。グルコース濃度の推移(変動)を見ることができるため、より適切で安全な糖尿病治療を行うための指標となることが期待されています。

厳密には血糖値を測定するものではありませんので、自己血糖測定器で得られた測定値を機器に入力して補正することが必要となります。

この機器で測定した値は、血糖値とよく相関することが確認されていますので、実際の血糖値の変動をシミュレーションするものとして利用できます。