logo2_myclinic_orange
【急募】医療事務、看護師募集。詳細は院長まで。 東洋経済に掲載されました。
 *** 2017年7月01日現在 禁煙成功者 465名 *** 


しんクリニックTOP糖尿病について医師のご紹介院内・診療設備大田区西蒲田周辺地図医療関連リンク

 

 

糖尿病治療のおはなし

グルコーススパイクについて

トップページ»  禁煙治療

禁煙治療

 

当院の禁煙治療について

当院では、禁煙治療に取り組んでいただけます。
2017年7月01日現在で、禁煙成功者は465名です。
 
禁煙治療は、保険適用ができますので、お気軽にご相談ください。
 
詳しくはこちらもご覧ください。すぐ禁煙.jp

 

当院の禁煙治療の進め方

 
(1)禁煙治療に関する問診表

10問の問いに答えていただき、現在、ニコチン依存状態にあるかどうか判定します。
 
画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

※PDF形式の文書をご覧頂くには、Adobe® Reader® プラグイン(無料)が必要です。 お持ちでない方はこちらから入手できます。
 
 

 

 
(2) 内服治療をする前に、血液中のCO(一酸化炭素濃度)をppmで測定することによって、現在、赤血球が体内に必要な酸素を十分に運べている状態かどうか、心臓が酸素欠乏状態でかなり過酷な状態になっていないかどうか、を判断します。
 
画像をクリックすると拡大します。

 

 
(3) 検査にはCO(一酸化炭素)濃度測定器 ピコスモーカーライザーを使います。
 
(4) 息を大きく吸って、15秒間止めた状態で、いっきに息を吐き出します。
測定器でCOの濃度が表示されます。禁煙治療中は来院毎にCO濃度を測定します。
禁煙が成功していれば、CO濃度は1ppm以下と表示されます。
 

 

 

(5) 保険治療で、内服薬「チャンピックス」を処方します。

 

 
(6) 薬の飲み方はシートに入っていて一日毎に分けられているので、とてもわかりやすくなっています。
最初の1週間は、何本か吸ってもいいですが、内服開始して1週間後からは、いよいよ禁煙開始です。
 
内服すると、だんだんタバコが吸いたくなくなってきます。
中には、内服により気持ちが悪くなり、吐き気を催す方もいますので、そういう症状が出た場合、吐き気止めを飲むことによって症状を取ることが出来ます。